読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三日坊主の猫日記

ペットとの日々を綴ります。

人類遺産

ゴールデンウィークに映画「人類遺産」に行ってきました

f:id:skisan:20170517122800j:plain

90分  70ヶ所以上の廃墟が映し出される

人はいっさい出てこない

音楽も声もない

風  波  雨音  小鳥の声や羽音

(廃墟で蠅の羽音を聞くと  死体が転がってるんじゃないかと  ざわざわするのは私だけか  ^_^; )

静かな静かな  映画でした

タイトルは原題の HOMO SAPIENS の方がぐっとくるな

 

舞台は世界各地   チェリノブイリや福島  大雨で湖底に水没し干ばつで再び姿を現した町など

今では撤去されて  なくなってしまったものもあるそうです

何に使われていたのか  解らない場所もありました

f:id:skisan:20170517194851j:plain

 

写真家の佐藤健寿さんが

 

廃墟とは忘却された過去でもなければ、

予見された未来でもない。

我々の文明の現在(いま)だからこそ、

目が離せなくなるのだ。

 

と書いておられました

 

なんだか深いなぁ

私は廃墟とかに何やら魅かれます

懐かしいような  寂しいような  物悲しいような

訳の解らない  胸をしめつけられるような感情が涌き上がります

廃墟ではありませんが

野又 穫さんの絵や  マイケル・ケンナさんの写真もそういった意味ですきです

f:id:skisan:20170517195456j:plain

f:id:skisan:20170517195540j:plain

廃墟ではない

人が造り上げたものなのだから  人がいない訳ではない

でもその気配や存在感がない

えも言われぬ思い…

 

監督曰く

人間が不在であるからこそ、人間の存在が感じられる。

この映画には人間は登場しませんが、それでも人間についての物語と言えるでしょう。

 

この映画のチラシに書かれているような

 

そうして、人類(ホモ・サピエンス)の時代は終わりました。

 

なんてことの無いようにホモ・サピエンスは考えないといけませんね

 

jinruiisan.espace-sarou.com

www.nomataminoru.com

マイケルケンナ - Google 検索