読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三日坊主の猫日記

ペットとの日々を綴ります。

乳母の悲しみ

f:id:skisan:20161201120916j:plain

以前  野良子の中に  おちび4匹の面倒をみる

乳母のような子がいる話を書きましたが

その子が面倒をみていた  おちびのひとりが亡くなってしまいました

がっついてよく食べる子だったのですが

病気があったようです

我が家のごはんタイムは朝晩の2回ですが

この子たちに  もっとごはんをやってちょうだいと言わんばかりに

そのこをはじめ  ちびどもを引き連れて

お昼近くになると  母にご飯を要求に来ていたようです

最近では  ちびどもとは別の親の子もひとり加わり5匹を連れていたらしい

母が内職をしていると  なんか乳母の声が近いなぁと思っていたら

小窓の外の細い窓枠にのって  乳母が鳴いていたとか  ^_^;

夜も一緒に寝てやったりと  かいがいしい

昨日の昼もそうしてご飯をやり 食べていたようですが

夕方には亡くなってしまったようです

母が薄暗なり雨も降ってきたので  明日庭に埋葬してやろうと

けれど  びしょぬれにするわけにもいかないので  雨がよけられる所へ

移動しておこうと  庭に出ると  乳母がやって来て  にゃーにゃー鳴きながら

亡くなった子を揺さぶっていたそうです

早く起きてあなたもごはんおねだりしなさい  と言っているのか

この子  様子がおかしいからなんとかして  と訴えているのか  定かではありませんが

それを聞いて  涙が出そうになりました

野良の世界では珍しいことではありませんが

未だにやりきれなくなる時があります

全ての子を幸せにしてあげられる訳も無く

悟りきれるわけでもなく

切なさだけが残ります