読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三日坊主の猫日記

ペットとの日々を綴ります。

ボスキャラ

昨日の記事の

f:id:skisan:20160531122331j:plain

この写真の中央上に映り込んでいた  野良にゃん

f:id:skisan:20160601120837j:plain

ボスキャラです  ごつくて野良雄!  という風格

家ではこういう猫のことを「ドス猫」といいます

ばあちゃんが言っていたので  意味は解りません  ^_^;

家の庭にはこういう感じのこが  一匹はいます  なぜか白に黒ぶち

でも  今ではこれがボスというのがいないなぁ 

ちょっと強めの雄が  同じ階層で何匹かという感じです

 

昔々   庭に最初にやってきたのは  三毛ママとその子ども達でした

父母が「お腹減っているみたい」ということでご飯をあげ始めたのがきっかけ

居着くからやめなさい  と止めるも  わしの食い扶持分まわせばいいからと父が聞かない

私はしりませんよと言っても  いいのいいので始まった  -_-

まぁ  私もすきなので強烈にも止めませんでしたが

その親子が来始めてしばらくすると  ドス猫参上  これぞボスキャラ

(写真のこのような白黒  あまり可愛くないのでブサイクちゃんと呼ばれていた… ^_^; )

親子を追っ払いご飯独り占め

それを聞いた私は「そのこだけならやっちゃダメ親子がいたらあげてみなよ」とアドバイス?

案の定罠?にひっかかり親子と共存するようになりました

こいつら(親子)がいないともらえないんだとすぐ理解  賢い

それからは三毛ママがお出かけの間  子ども達の面倒をみていました  イクメン

面倒くさそうにですが  ずっと側にいてお昼ねしたり  ^_^ 

子ども達も怖がらずキャッキャ遊んでいました  自分の子じゃないのにすごいなぁ

それからは庭のボスとして  長い間仕切っていました

何年かすれば  やはり年をとり  ボス交代の時が

喧嘩に負けて  追い出されてしまいました   野良の世界は厳しい

もーよいよいでね  弱くなっていました  でも何日かしたら決死の覚悟で帰ってきたんです!

フーフー威嚇しながら  全然勝てないの  見ていても解るんですが必死の形相

若人達も圧倒されて  しょうがねぇなという感じで  受け入れられていました

でもそれから幾日もしないうちに  やはり年には勝てないのか

庭で眠るように逝ってしまいました

普通死に姿を見せないと言うのですが

家に来て亡くなる子も少なくない  だから庭には遺骸が結構埋まっています

なにかの拍子で  この辺りが埋って後年発掘されたら

ペット・セメタリーと勘違いされるんじゃないかと  ^_^;

三毛ママは何年か後  やはり年をとり痩せて弱ってきました

そんな中  子育ての最中  母が心配で親子を見ていると 

三毛ママが訴えるようにじーっと母を見つめ返してきたそうです

それっきり三毛ママは姿を現さなくなりました

母が  あの時「子どもを頼みますね」って言ってたのかしらねと申しておりました

彼らは語らずとも  訴えかけてきます

私は  まおやはな  楽の訴えを  どれだけ正確にちゃんと理解できているのかなぁと

いつも考えます  語り合える人間どうしでも  なかなか理解し合うのは難しいですよねぇ

f:id:skisan:20160601190559j:plain

こうしてのびのび寝てくれていると  なんの根拠もないけれど  ちょっと安心します