読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三日坊主の猫日記

ペットとの日々を綴ります。

今日は久しぶりにぐっすりと眠った

決して長時間ではないけれど

しっかりと眠れた感じだ

けれど夢もみた

まおの夢だ

f:id:skisan:20160211121622j:plain

先日  久々にまおの写真をアッブしたからか

命日が近いせいか解らないけれど…

 

夢に出てくるのは

だいたい  知らない場所  見たこともない人

そんな私にしては珍しく近しい者の夢

 

いつもの食卓で  まおを膝の上に抱いている

まおは  仰向けで  一生懸命に私の手をなめている

私は  おかしいな  まおは死んだはずなのに  まおにしか見えない…

周りを見回してみようとするが  周りは見えない

猫だけをまじまじと見つめている

何もかも違うはなと見間違えることもない

f:id:skisan:20160211122401j:plain

変ね  どうしたの  まおなの?

と聞くが返事があるわけも無い

 

そんな夢だ

 

私の夢の中には音も触感も無い  だから舐められている感触もない

無音の映像を見ているようだ

声も自分の心の声らしきものしか聞こえない

 

生前  まおが膝の上にのってきたこともない

甘える時は  座っている私の横にぴったりとくっついて眠ったり

テーブルの上に寝そべる  まおを腕で包み込むと

腕を枕にして眠る

 

性格は  はなとごっちゃになっているのかもしれない

 

なんだか不思議な夢だった

 

今日は朝から  はなが甘えてくる

テーブルの上で  私の手にちょっかいを出して舐めたり噛んだり

「今日はお休みだけど 少し仕事してくるわ」と言うと

ぷいっと  離れていってしまった

まるで言葉が解っているようだ

 

猫って不思議